ブログ

catch-img

アダクティブラーニングとは?基本と実践方法を徹底解説

現代の教育において、アダクティブラーニングは欠かせない存在となっています。

学習者が主体的に学び、深い理解を得るためのアダクティブラーニングは、さまざまな教育現場で実践されています。

本記事では、アダクティブラーニングの基本概念や具体的な実践方法、導入のメリットについて詳しく解説します。

目次[非表示]

    1. 0.1.定義と基本概念
      1. 0.1.1.アダクティブラーニングの概要
      2. 0.1.2.理論的背景
    2. 0.2.伝統的な学習法との違い
      1. 0.2.1.パッシブラーニングとの比較
      2. 0.2.2.教師の役割の変化
  1. 1.アダクティブラーニングのメリット
    1. 1.1.学習効果の向上
      1. 1.1.1.学習の定着率
      2. 1.1.2.批判的思考の育成
    2. 1.2.学生のエンゲージメント
      1. 1.2.1.学習意欲の向上
      2. 1.2.2.コミュニケーション能力の向上
  2. 2.アダクティブラーニングの具体的な方法
    1. 2.1.グループディスカッション
      1. 2.1.1.効果的なディスカッションの進め方
      2. 2.1.2.役割分担とその意義
    2. 2.2.問題解決型学習(PBL)
      1. 2.2.1.PBLの進め方
      2. 2.2.2.成功するためのポイント
    3. 2.3.フィードバックの活用
      1. 2.3.1.具体的なフィードバック方法
      2. 2.3.2.フィードバックの重要性
  3. 3.アダクティブラーニングを導入するためのステップ
    1. 3.1.事前準備
      1. 3.1.1.教材の選定
      2. 3.1.2.学習目標の設定
    2. 3.2.授業計画の作成
      1. 3.2.1.授業の構成
      2. 3.2.2.時間管理
    3. 3.3.学習環境の整備
      1. 3.3.1.クラスルームデザイン
      2. 3.3.2.デジタルツールの活用
  4. 4.まとめ

アダクティブラーニングとは?

定義と基本概念

アダクティブラーニングの概要

アダクティブラーニングとは、学習者が主体的に学びに取り組む教育手法を指します。

従来の受動的な学習とは異なり、学習者が積極的に質問したり、ディスカッションに参加したり、問題解決に挑んだりすることで深い理解を得ることを目指します。

アダクティブラーニング は、学習者のエンゲージメントを高め、学習の定着率を向上させるとされています。

理論的背景

アダクティブラーニングの理論的背景には、教育心理学や認知科学の研究が深く関わっています。

具体的には、学習者が自らの経験から学ぶ「経験学習」や、問題解決を通じて知識を構築する「構成主義」といった理論が基盤となっています。

これらの理論は、学習者が能動的に関与することで、学びの質が向上することを示しています。

伝統的な学習法との違い

パッシブラーニングとの比較

パッシブラーニング、すなわち受動的学習は、教師が一方的に情報を提供し、学習者はそれを受け取る形式の学習です。

これに対してアダクティブラーニングは、学習者が主体となり、学習プロセスに積極的に参加する点が大きな違いです。

受動的学習では知識の定着が浅くなりがちですが、アダクティブラーニングでは実践を通じて深い理解が促進されます。

教師の役割の変化

アダクティブラーニングにおいて、教師の役割も大きく変わります。

従来の講義形式では教師は主な情報提供者でしたが、アダクティブラーニングでは学習のファシリテーターとして、学習者が自発的に学びを進めるためのサポートを行います。

これにより、学習者の自主性や批判的思考が育まれます。

  ここが大切!人材育成における重要な5つの視点 人材育成における重要な視点を5つご紹介します。 チエルコミュニケーションブリッジ株式会社


アダクティブラーニングのメリット

学習効果の向上

学習の定着率

アダクティブラーニングは、学習者が実際に行動し、経験を通じて学ぶため、学習の定着率が高まります。

従来の受動的な学習方法に比べ、学んだ内容を長期的に記憶に残しやすく、実際の問題解決に応用しやすくなります。

批判的思考の育成

アダクティブラーニングは、学習者に批判的思考を育成する機会を得ることができます。

学習者は自らの意見を形成し、他者と議論することで、多角的な視点から問題を考える力を身につけます。

これにより、単なる知識の習得にとどまらず、複雑な問題に対する分析能力が向上します。

学生のエンゲージメント

学習意欲の向上

アダクティブラーニングは、学習者の学習意欲を高める効果があります。

自身の興味や関心に基づいて学びを進めることで、学習に対するモチベーションが向上します。

また、学習者が自らの進捗を実感できるため、学びの楽しさを実感することができます。

コミュニケーション能力の向上

アダクティブラーニングは、グループディスカッションや共同作業を通じて、学習者のコミュニケーション能力を向上させます。

他者との意見交換や協力を通じて、社会的スキルや協働の重要性を学びます。

これにより、学習者はチームワークやリーダーシップの能力を自然と身につけることができます。

  【中小企業向け】社内研修の効果的な進め方とコツ 効果的な社内研修の進め方を、中小企業向けに具体的に解説します。 チエルコミュニケーションブリッジ株式会社


アダクティブラーニングの具体的な方法

グループディスカッション

効果的なディスカッションの進め方

グループディスカッションは、学習者が集まり、特定のテーマについて意見を交換する方法です。

効果的なディスカッションを進めるためには、明確な目標設定、適切なファシリテーション、全員が意見を述べやすい環境作りが重要です。

これにより、学習者は多様な視点から物事を考える力を養うことができます。

役割分担とその意義

ディスカッションをより効果的にするためには、役割分担が重要です。

例えば、リーダー、記録係、発表者などの役割を設定することで、各メンバーが積極的に参加しやすくなります。

役割分担により、ディスカッションがスムーズに進行し、各自の責任感が高まります。

問題解決型学習(PBL)

PBLの進め方

問題解決型学習(PBL)は、実際の問題を解決するプロジェクトを通じて学ぶ方法です。

PBLを進めるためには、まず学習者に具体的な問題を提示し、自ら解決策を考えるプロセスをサポートします。

これにより、学習者は実践的なスキルを身につけることができます。

成功するためのポイント

PBLの成功には、適切な問題の選定、学習者間の協力、継続的なフィードバックが欠かせません。

問題は学習者の興味を引くものであることが重要であり、チームワークを促進する課題が適しています。

また、定期的なフィードバックを通じて、学習者が方向性を確認しながら進めることができます。

フィードバックの活用

具体的なフィードバック方法

アダクティブラーニングでは、フィードバックが学習の質を向上させる重要な要素です。

具体的なフィードバック方法としては、口頭フィードバック、書面フィードバック、ピアフィードバックなどがあります。

これらを組み合わせて使用することで、学習者は多角的な視点から自身の学びを振り返ることができます。

フィードバックの重要性

フィードバックは、学習者が自分の進捗を確認し、改善点を見つけるための重要な手段です。

適切なフィードバックを受けることで、学習者は自信を持って学びを進めることができ、さらなる成長を促すことができます。

フィードバックのプロセスを通じて、学習者の自己評価能力も向上します。

  新入社員から経営層まで!階層別研修の方法と具体的ステップを徹底解説 階層別研修の方法と具体的なステップを解説します。 チエルコミュニケーションブリッジ株式会社


アダクティブラーニングを導入するためのステップ

事前準備

教材の選定

アダクティブラーニングを効果的に導入するためには、適切な教材の選定が不可欠です。

教材は、学習者の興味を引き、実践的な内容であることが重要です。例えば、実際のケーススタディやシミュレーション教材などが有効です。

学習目標の設定

学習目標を明確に設定することも重要です。学習者が達成すべき具体的な目標を設定することで、学習プロセスが明確になり、効果的な学びが促進されます。

目標は具体的かつ測定可能であることが望ましいです。

授業計画の作成

授業の構成

アダクティブラーニングの授業計画は、学習者の主体的な参加を促す構成にする必要があります。

例えば、ディスカッションタイムやグループワークの時間を設けることで、学習者が積極的に学びに関わることができます。

時間管理

授業計画には、適切な時間管理が不可欠です。アダクティブラーニングの活動は時間を要するため、各セッションの時間配分をしっかりと計画することが重要です。

これにより、授業の流れがスムーズになり、学習者が集中して取り組むことができます。

学習環境の整備

クラスルームデザイン

学習環境の整備も重要な要素です。アダクティブラーニングを促進するためには、学習者が自由に移動できるレイアウトや、グループ活動がしやすい配置が求められます。

これにより、学習者はリラックスして学びに集中できます。

デジタルツールの活用

デジタルツールの活用も効果的です。例えば、オンラインディスカッションツールやシミュレーションソフトウェアなどを利用することで、学習者が多様な方法で学ぶことができます。

これにより、学びの幅が広がり、効果的な学習が可能になります。

  効果的なナレッジマネジメントツールの選び方と活用ポイント ナレッジマネジメントツールの選び方と活用ポイントを解説! チエルコミュニケーションブリッジ株式会社


まとめ

アダクティブラーニングは、学習者の主体的な学びを促進し、学習効果を高める強力な手法です。

教育現場での導入には、適切な準備とサポートが必要ですが、その成果は期待できます。

学習者のエンゲージメントと批判的思考を育むために、ぜひアダクティブラーニングを取り入れてみてください。

組織に最適なeラーニングシステムをお探しの方は、GLEXAをご検討ください。

GLEXAは教材の作成や配布、採点、学習者の管理など研修に必要な機能が揃った学習管理システムですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


\資料ダウンロード/

人気記事ランキング

タグ一覧